ピックアップ

  1. ホーム
  2. ピックアップ
  3. 見る
  4. 2022年6月の天文台イベントと天文現象

2022.03.19

2022年6月の天文台イベントと天文現象

はやぶさ2と小惑星リュウグウのサンプル(レプリカ)展示

期間:6月12日(日)~7月31日(日)

場所:星の文化館 天文ラボ

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」へ行き採取したサンプル
は2020年12月に地球に届けられました。そのサンプルのレプリカを展示します。

展示内容

小惑星探査機はやぶさ2(2分の1スケール)
※星の文化館所蔵

リュウグウサンプルのレプリカ(複製品)
※JAXA宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクト提供

はやぶさ2のミッション紹介パネル

※星の文化館に入館された方は自由にご覧いただけます。


ストロベリームーン前夜観望会

6月の満月ストロベリームーンの前日の月を観察します。
ストロベリームーンとは、北米で苺が実る頃の6月の満月を指す俗称のことです。

日時:6月13日(月)19:00~21:30

場所:星の文化館 天文観測室

※満月は14日ですが火曜日ですので星の文化館は休館日となっております。


水星チャレンジ

日時:6月8日(水)~6月26日(日)
   水~金 13:00~14:00頃
   土~月 11:00~14:00頃

場所:星の文化館 天文観測室

※6月16日に水星西方最大離角となり観察しやすくなります。


6月うしかい座流星群

日時:6月27日21:00~28日03:00頃

月の無い夜ですので空は暗く月齢の条件は良好となっています。
この流星群は、あまり目立つ流星群ではありません。
空全体を見渡すように観察します。

梅雨時期ですので天候に左右されますが、雲の晴れ間があればチャレンジしてみるのも良いかも。

真夜中には天の川、明け方にかけては土星、木星、火星といった惑星が出てきますので、
流星観察と一緒に夏の星座と惑星の観察もおすすめします。

うしかい座は春の星座です。6月の深夜には空の高いところにあります。

北斗七星の長い柄を延ばして一等星アルクトゥールス(うしかい座)とスピカ(おとめ座)へ線をつないだ「春の大曲線」から探します。

流星観察は空全体を広く見渡します。


ホタル出現時期

6月前半は星野村の川沿いにホタルが飛び交います。

ホタルの出現する場所は星野川の岸、河川公園等です。

時間は夜20時~21時頃、曇りの日や雨が降る前の蒸し蒸しとした日を好んで飛びます。

・河川公園など駐車場のあるところで観察してください。
・川や草むらに入ると虫や蛇などがいて危険です。
・ホタルは人工の光が嫌いです。ライトを当てないようにしましょう。
・私有地、畑、危険な場所に入らないように、明るいうちに下見をしておきましょう。
・夜遅く22時過ぎるとホタルは飛びません。

TOP