ピックアップ

  1. ホーム
  2. ピックアップ
  3. 見る
  4. 2022年7月の天文台イベントと天文現象

2022.06.24

2022年7月の天文台イベントと天文現象

夏休み宿泊者先行土星観望会


今年の惑星の観望時期は、秋からが本番ですが、

一般観望に先がけて、天文台宿泊者の方へ

深夜の宿泊者専用観望会にて先行観望でご案内します。

電話、webにて受付しております。(電話は開館時間内のみ)


時期:夏休み期間中
宿泊:星の文化館天文台 プチホテル
※夏休み期間は火曜日も営業します。
※事前にご予約下さい。
※ご予約、空室状況、料金等の情報はトップページから「星の文化館宿泊ご予約」ページへお進みください。


月面X観望会

日時:2022年7月6日(水)天体観望会18:30の回
場所:星の文化館 天文観測室(整理券が必要です)
参加費:天文台入館料

月面Xとは、月の表面にあるクレーターが、半月の頃に
太陽の光に照らされてXの形に見えるもので、1時間ほど
で見えなくなります。
まだ明るい時間帯ですが天文台では天体望遠鏡を使って観察します。

 

100㎝反射望遠鏡による観察

七夕観望会

日時:2022年7月7日(木)19:30頃~21:30
ベガ(織姫星)、アルタイル(彦星)と、天の川周辺の天体の観望

★笹の葉に願い事を飾ろう


プラネタリウムコンサート

星と音楽の七夕まつり
日時:2022年7月9日(土)19:00~19:50
場所:星の文化館プラネタリウム
参加費:中学生以上1000円、小人(4歳以上)800円
定員:20名※要予約
詳しくはトピックスぺージをご覧ください。


さそり座δ(デルタ)星の食

さそり座のδ(デルタ)星が月に隠される現象です。

日時:2022年7月10日夜

福岡での時間
潜入(さそり座δ星の高度)21時57分18秒(32.4度)
出現(さそり座δ星の高度)23時15分09秒(25.9度)

潜入は月の影の部分に光る2等星が隠されます。出現は月の明るい縁から現れます。


スーパームーン(今年最大の満月)

日時:2022年7月14日(木)

月の出20:40頃
スーパームーンとは正式な天文用語ではありません。
月の軌道は完全な円ではありませんので、地球から見ると
遠くなったり近くなったりします。
目で観察できるほどの違いはありませんが、ちょうど
1年で一番地球に近くなった満月を愛称でスーパームーンと呼んでいます。

山から姿を現す満月は不思議と大きく見えるものです。
星の文化館の星見展望台からも月の出を見ることができます。

 


みずがめ座δ(デルタ)流星群

日時:7月28日~8月1日の22時頃~夜明け前
ピークは7月30日
月齢29なので空は暗く観察条件は良好。

遅い時間ですので宿泊者向けの天文現象です
1時間あたり3個程度の流星群ですが、同じ時期には他の流星群も同時に流れることがあります。
暗い空ですので天の川の観察もおすすめします。

みずがめ座は秋の星座です。深夜に東から上ってきます。

秋の四辺形が良い目印になります。

7月29日が新月ですので、晴れた夜空では

月明かりの影響を受けずに観察できます。


天の川と星雲星団観察

7月には暗くなる頃に天の川が高くなり見やすくなります。

天の川は銀河系の星の集まりです。目が暗さに慣れていない状態では

見つけられません。

まず夏の大三角を覚えると探しやすくなります。

また、天の川周辺の特徴のある星雲や星団は天体望遠鏡で観察することができます。

詳しい観察方法はピックアップ天の川を見るにはを参考にしたり、天文台スタッフに

おたずねください。

天の川は望遠鏡で見ると星の集まりであることがわかります。

TOP